呼吸でスポーツ上達法(其の八) 呼吸の使い方|体幹操作法 Official WebSite

 
HOME ダイエットの呼吸 メンタルの呼吸 スポーツの呼吸 セミナー動画/無料
よくある質問 お問い合わせ プロフィール
 
 HOME >スポーツ&呼吸でスポーツ上達法(其の八) 呼吸の使い方

 
(其の八)
 
呼吸でスポーツ上達法

<
 


あなたは呼吸とスポーツの深いつながりをご存知だったでしょうか?
また、運動機能やスポーツに影響している呼吸のチカラを知っていましたか?


ここでは「呼吸でスポーツ上達法(其の八)」として
関連記事を、このページに記事をまとめてみました。


三大構成の訓練「1体幹を作る 2軸の養成 3意識で動かす」の 中から 「1体幹を作る」です。

体幹操作に関するボディーアクシストレーニング(軸を養成する)についてお伝えします。

体幹操作法の「体幹を作る」「軸を養成する」「意識で動かす」の三大要素の中の最後です。

体幹操作とリラックスワンズ ボディー(relax one's body)の関係についてお伝えします。

体幹操作法の具体的なカリキュラムには、心身を同時に訓練するプログラムがほとんどです。

ここでは体幹操作とサブコンチェス(潜在意識)との関係についてお伝えしていきます。

「体幹操作とマインド ボディー ユニティ (心身統一)」との関連についてお伝えします。

「重心移動」も含めて体幹操作とウエイトシフト(体重移動)の関係についてお伝えします。

タンデン ブリーティングは(丹田呼吸)のこと、体幹操作とは斬っても切れない関係にあります。

姓名は「中山明三(なかやまあきみつ)」心身武道空手七段で、幼い頃から武道に 興味を抱いて育ちました。

武術呼吸と養生呼吸について、 体幹操作法は、そのベースは武術的な考え方が基本になっています。

呼吸法には大きく分けて「養生呼吸法(健康呼吸)」と 「武術呼吸法(丹田呼吸)」がありますが、
ここでは肚を練るための「武術呼吸法」について解説します。

よく武術や武道で「相手に入る」ということが云われますが
「相手に入る」とは一体どういうことなのでしょうか?

スポーツでは身体(肉体)や技を向上させるために、運動科学の見地から、 筋肉の強弱や動作などに重点を置いてスポーツ上達を目指していると思いますが・・



スポーツの呼吸 其の一
スポーツの呼吸 其の二
スポーツの呼吸 其の三
スポーツの呼吸 其の四
スポーツの呼吸 其の五
スポーツの呼吸 其の六
スポーツの呼吸 其の七

【体幹操作シリーズ】(呼吸の使い方)
呼吸の使い方を覚えて門外不出の「秘伝の呼吸」を習得できる教材を紹介します!

自己形成メソッド 体幹操作(呼吸の使い方)
 
★ 呼吸の仕方を変えて
人生を180度好転させる方法!


呼吸と体軸で自己改革(呼吸の使い方)
 
★ 3つの呼吸の効果・・
あなたはどれを目指したいですか?


メンタルの呼吸
Copyright © 2017 飛鳥塾 師範オフィシャルサイト All rights reserved.
by asukajuku.jp/