「体幹操作」女性が習得する護身術
 
中山明三 オフィシャルサイト

トップページ 体幹基礎と基本理念 体幹 師範profile 体幹操作問い合せ 体幹の使い方Blog
 
 TOP >「体幹操作」女性が習得する護身術
 

  「体幹操作」女性が習得する護身術



護身術と言えば、合気道などの華麗に相手を投げ飛ばす技や、格闘技の豪快なキックやパンチ などを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? 

だとしたら、護身術は合気道のように長年修行をしなければ身に付かない訳ですね。 格闘技のように身体を鍛えてマッチョな身体を作らないと、自分の身は守れない訳でしょうか。

そうなると、力の弱い女性や子供が護身術を身に付けても役に立たないということになります。 武道や格闘技の試合は、競技に勝つことを目的にした強さです。

しかも、競技ですから安全を第一にルールを設定しています。つまり、急所は攻撃しちゃいかん、 武器を持ったら反則などなど、安全のための制限された中でお互いが戦う訳ですね。

  護身術は純粋に自分の身を守るために特化した術




しかし、護身術は相手に勝つために戦う訳でもなければ、相手を取り押さえるための技術でも ありません。理不尽な外部の危機から身を守ることを目的にしたものです。

今では、武道も格闘技もゲームという枠の中で、勝敗を競い合うスポーツになっていますが、 元々、武道はルールもなければ、ましてや反則などという決め事もない護身が目的だったのです。

「柔よく剛を制す」「小よく大を制す」などという言葉が武道にはありますが、武道から これを取り除けば、別に武道を習う必要もなければ、武道を行う意味もないし、武道の伝統 さえも存続できなかったでしょう。

小さい者が大男を倒すという所に、武道の醍醐味があるわけで、それがなければ武道という 言葉さえ消えてなくなっていたに違いありません。

話を護身術に戻しますと、武道武術は本来護身のためのものだったのですが、日常の中で戦う ことの必要がなくなった文明社会である現代では、伝統を存続させるためにも試合や型で残す 以外になかったということも理解できます。

  弱者が強者に絶対に負けないためには急所を知れ!




本来の武術ということを例えるなら、刀を振り回す相手に素手で立ち向かった琉球の空手の 源流のように、武道武術の世界では必ずしも強者が勝つとは限らない訳です。

そこで、これが護身術の肝になるのですが、人体はどれほど鍛えたところで、鍛えられない急所 という部位が幾つもあります。経絡的には数百とも言われています。

もちろん、急所と云われる部位をすべて知る必要はありませんが、幾つかの急所を知ることに よって、また急所のみを狙うことができれば、強力な武器を持ったのも同然であり、ひ弱な女性 や子供でも大男を一撃で倒すことも不可能ではありません。

つまり護身術とは、試合や格闘技とは似て非なるもので、云わば護身術は急所以外は攻撃しない術 と言っても過言ではありません。

先ずは最初に、急所(相手の弱点)の場所の幾つかを頭に叩き込むこと。次にその急所に特化して 攻防できる技や身体の使い方を徹底的に身に付けること。これができればもう怖い者はありません。


 
Copyright © 2017 中山明三 オフィシャルサイト All rights reserved.
by 心身武道研究会 飛鳥塾